【福島県沖地震】山形から東京までの乗り継ぎを考えてみた!!<2月20日>

2021年東日本大震災より10年が立とうとしていた矢先、
再び、福島県沖を震源とする大きな地震が発生しました。

その地震の影響で、東北新幹線が23日まで運転見合わせの区間があり、
各所で臨時列車の運行が行われています。

通常時であれば、乗換案内で調べられますが、
時刻データが反映されるには時間がかかります。

そこで、今回は主要都市から首都圏までの鉄道の乗り継ぎをまとめてみました!!
突貫で作成していますので、誤りがある可能性もあります。

2月20日時点での情報は、 こちらの記事 を参考にしてください。

山形から東京までのアクセスは、
山形新幹線もしくは奥羽本線で福島まで行き、東北新幹線が運行している那須塩原まで東北本線、那須塩原から東北新幹線の方法と
仙山線で仙台を経由し、常磐線などでの方法、
奥羽本線もしくは山形新幹線と米坂線、羽越本線、上越新幹線を経由する方法があります。

乗継の関係で、新幹線や特急列車の乗車区間を短くし、リーズナブルにできるプランなどもあります。

東京から山形までの乗り継ぎ<2月20日>は、 こちらの記事 を参考にしてください。

気象・地震と鉄道防災 (気象ブックス) [ 島村誠 ] - 楽天ブックス
気象・地震と鉄道防災 (気象ブックス) [ 島村誠 ] - 楽天ブックス

凡例です。

新幹線・特急列車
鈍行列車
今回の臨時列車
乗換駅
参考駅(新幹線最寄り駅など)


山形6時30分出発、東京13時16分到着

奥羽本線と東北本線、東北新幹線でのルートです。
6時間46分かかり、乗り換えは5回になります。


山形8時2分出発、東京14時16分到着

山形新幹線と東北本線、東北新幹線でのルートです。
6時間14分かかり、乗り換えは4回になります。


山形9時33分出発、東京16時0分到着

奥羽本線と米坂線、奥羽本線、上越新幹線でのルートです。
5時間27分かかり、乗り換えは3回になります。


山形10時2分出発、東京16時16分到着

山形新幹線と東北本線、東北新幹線でのルートです。
6時間15分かかり、乗り換えは4回になります。


山形11時59分出発、東京18時43分到着

仙山線と常磐線でのルートです。
6時間44分かかり、乗り換えは1回になります。


山形12時16分出発、東京18時48分到着

奥羽本線と東北本線、東北新幹線でのルートです。
6時間32分かかり、乗り換えは4回になります。


山形13時55分出発、東京20時43分到着

仙山線と常磐線でのルートです。
6時間48分かかり、乗り換えは1回になります。


山形14時4分出発、東京21時44分到着

山形新幹線と東北本線、東北新幹線でのルートです。
7時間40分かかり、乗り換えは4回になります。


山形15時24分出発、東京22時28分到着

奥羽本線と米坂線、奥羽本線、上越新幹線でのルートです。
7時間4分かかり、乗り換えは3回になります。


山形15時59分出発、東京22時43分到着

仙山線と常磐線でのルートです。
6時間44分かかり、乗り換えは1回になります。


山形17時5分出発、東京22時48分到着

山形新幹線と東北本線、東北新幹線でのルートです。
5時間43分かかり、乗り換えは4回になります。


山形17時35分出発、東京23時40分到着

奥羽本線と米坂線、奥羽本線、上越新幹線でのルートです。
6時間5分かかり、乗り換えは3回になります。


臨時列車を乗りに行くためだけなどの不要不急の移動は避けていただきたいですが、
移動する必要のある方は、このプラン参考に移動をして見てください。
ただし、運転状況は時々刻々と変わりますので、ご注意下さい!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント