観光列車「36ぷらす3」で九州を一周してみたい!!

四国を一周する観光列車「アンパンマントロッコ四国一周号」を見つけました。

他にもあるのではないかと調べてみたところ、
九州を一周する観光列車「36ぷらす3」を見つけました。

列車は、木曜日から月曜日の5日間で、九州を一周します。
今回はその観光列車「36ぷらす3」について、調べてみました!!

観光列車「アンパンマントロッコ四国一周号」については
こちらの記事 を参考にしてください。


概要

観光列車「36ぷらす3」は世界で36番目に大きい島をめぐる列車と
「+3」をすることで「サンキュー」になることから名付けられた列車です。

食事付きの旅行プランとして発売される豪華な列車ですが、
座席だけの利用であれば、グリーン車に限り、みどりの窓口などで指定券の発売を行います。

2020年10月15日(木)から運行開始をする予定でしたが、
2020年7月の豪雨災害の影響で、木曜日のルートの再開が未定となっています。

そのため、10月16日(金)が運行開始になる予定です。

鉄道ダイヤ情報2020年9月号【電子書籍】[ 鉄道ダイヤ情報編集部 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア
鉄道ダイヤ情報2020年9月号【電子書籍】[ 鉄道ダイヤ情報編集部 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア

運転スケジュール

観光列車「36ぷらす3」は10月16日以降の金曜日から月曜日に運行されます。
2021年3月までほぼ毎週運行されますが、
2020年12月15日から2021年1月6日の間は運行されません。

木曜日のルートは、「赤の路」と名付けられる、博多から鹿児島中央です。

金曜日のルートは、「黒の路」と名付けられる、鹿児島中央から別府です。

土曜日のルートは、「緑の路」と名付けられる、宮崎空港から鹿児島中央です。

日曜日のルートは、「青の路」と名付けられる、大分から博多です。

月曜日のルートは、「金の路」と名付けられる、博多から長崎の往復です。


運行時間

1日がかりで、ランチや周辺の観光を楽しむことができます。

木曜日のルートは、博多を9時52分に出発し、鹿児島中央に16時24分に到着します。

金曜日のルートは、鹿児島中央を11時25分に出発し、別府に16時46分に到着します。

土曜日のルートは、宮崎空港を11時25分に出発し、鹿児島中央に16時24分に到着します。

日曜日のルートは、大分を11時30分に出発し、博多に16時32分に到着します。

月曜日のルートは、博多から長崎の往復です。
ランチタイムは、博多を10時51分に出発し、長崎に15時38分に到着します。
ランチタイムは、長崎を17時30分に出発し、博多に21時3分に到着します。


予約方法

旅行プランでの申し込みとみどりの窓口での指定券の購入が可能です。
食事を楽しむには旅行プランでの申し込みが必要になります。

旅行プランは、個室と座席の二種類がありますが、
指定席は座席のみになります。

なお、座席の予約は、みどりの窓口のほか、
九州のインターネットでも予約が可能です。


車両・内装

車両

観光列車「36ぷらす3」は、6両編成で運行されます。

車両は黒が基調です。
1号車から3号車が2人用個室、4人用個室、6人用個室があります。
4号車は、「マルチカー」と呼ばれる共用スペースになります。

5号車、6号車は、座席のグリーン車になります。


内装・座席

車内は、クラシックな雰囲気の落ち着いた色調になっています。

3号車にはビュッフェがあり、
九州の魅力的な飲み物、食べ物などが販売されています。


10月からの運行ですが、今から楽しみの列車です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント